トップ
English

会則

名原会会則

第1章 総則
第1条 本会は名原会と称する。
第2条 本会は名古屋大学工学部量子エネルギー工学教室および名古屋大学の発展に寄与し、会員相互の親睦融和を計ることを目的とする。
第3条 本会は事務所を名古屋市千種区不老町名古屋大学工学部量子エネルギー工学教室に置く。

第2章 会員
第4条 本会の会員は別表1に掲げる者及び別表2に掲げる者のうち入会を希望する者とする。

第3章 役員
第5条 本会は次の役員を置く。
会長 1名  副会長 2名  幹事 若干名
第6条 (1)会長・副会長は、役員会が候補者を選び、会員の信任投票を経て総会で承認をうけるものとする。
(2)会員の信任投票決定は会員からの回答数の過半数の同意をもって信任されたとする。
(3)幹事は会員の中から会長が任命する。
第7条 (1)会長は本会を代表し、会務を総括する。
(2)副会長は会長を補佐する。
(3)幹事は会務を処理する。
第8条 役員の任期は3年とする。

第4章 会議
第9条 会議は総会および役員会とする。
第10条 役員会は役員をもって構成し、会長が必要とする時に開催する。
第11条 総会は通常総会および臨時総会とする。通常総会は3年に1回開催する。臨時総会は役員会が必要と認めたときに開催する。
第12条 総会の決議は出席者の過半数の同意を必要とする。

第5章 事業
第13条 本会は第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
1 名簿の発行
2 会報(ニュース)の発行
3 その他本会の目的を達成するために必要と認めた事業。

第6章 会計
第14条  本会の経費は会費、寄付金およびその他の収入をもってあてる。
1 会員は年会費を納入するものとする。
2 年会費は千円とする。
3 予算および決算は総会で会員に報告する。

第7章 支部
第16条 本会の目的を達成するために支部を設置することができる。
第17条 支部長は会員の中から会長が任命する。
第18条 支部を設置する時は支部会員の住所、氏名、勤務先、卒業年を具して本会に報告する。

第8章 改正
第19条 (1)会則の制定、改廃は、役員会で改正案を作成し、会員の信任投票を経て総会で承認をうけるものとする。
(2)会則の制定、改廃の信任投票決定は会員からの回答数の過半数の同意をもって信任されたとする。

附 則
1 本会会則は昭和62年4月2日よりこれを実施する。
2 本会会則は平成5年10月10日に改正し、同日より実施する。
3 本会会則は平成14年10月26日に改正し、同日より実施する。

別表1
(1) 名古屋大学工学部原子核工学科卒業生
(2) 名古屋大学工学部物理工学科量子エネルギー工学コース卒業生
(3) 名古屋大学大学院工学研究科原子核工学専攻修了生
(4) 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻量子エネルギー工学分野修了生
(5) 名古屋大学工学部量子エネルギー工学教室現旧教職員

別表2
(1) 次の掲げる学科、コース、専攻、分野および講座に在学した者および研究員経験者
1 名古屋大学工学部原子核工学科
2 名古屋大学工学部物理工学科量子エネルギー工学コース
3 名古屋大学大学院工学研究科原子核工学専攻
4 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻量子エネルギー工学分野
5 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻超伝導工学講座
6 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻エネルギーシステム工学講座
7 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻応用核物理学講座
8 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻プラズマ計測工学講座
9 名古屋大学大学院工学研究科量子工学専攻量子材料工学講座
10 名古屋大学大学院工学研究科結晶材料工学専攻表面・界面制御工学講座
11 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻エネルギー材料デバイス工学講座エネルギー材料物性工学研究グループ
12 名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻エネルギー環境工学講座
13 名古屋大学大学院工学研究科量子工学専攻量子ビーム工学講座
14 名古屋大学大学院工学研究科量子工学専攻量子ビーム工学講座
15 名古屋大学工学部原子核工学科創設以前の当学科構成講座
(2) 名古屋大学工学部原子核工学教室旧教職員