トップ
English

大学院入試情報

マテリアル理工学専攻 量子エネルギー工学分野を志望するみなさんへ

マテリアル理工学専攻量子エネルギー工学分野では、外国語(英語)の筆記試験を実施せず、英語の入学試験成績評価は、すべてTOEFL / TOEIC等の外部試験の提出されたスコアシートに基づいて行います。

スコアの最終提出時期は、平成29年度入試(平成28年8月実施:平成29年4月入学予定者)より、願書受付期間とすることになりました。当該年度以降に大学院入学試験の受験を予定している方は、スコア発行日と本学の願書受付期間を十分に確認したうえで、早めにTOEFL またはTOEICの受験準備をしてください。

平成29年度(平成28年8月実施)マテリアル理工学専攻
量子エネルギー工学分野 大学院入試説明会

表記の大学院入試説明会を、下記の要領で行います。
量子エネルギー工学分野への入学・進学を希望する方はふるってご参加ください。
事前登録は必要ありませんが、名古屋大学工学部物理工学科量子エネルギー工学コース出身者以外の方で、個別に研究グループ(研究室)の研究内容説明や施設見学を希望される方は、qjuken★nucl.nagoya-u.ac.jpに開催日の1週間前までに連絡してください(電子メール送信の際は、★を@に変更下さい)。訪問や見学の日程調整を行います。
1回目、2回目の説明内容は同一ですので、どちらか都合の良いほうに参加してください。
説明は30分程度の予定です。
参加いただいた方には、願書つきの募集要項をお渡しいたします。

また、学外から受験を検討されている方は、第1回、第2回の説明会に出席が難しい場合でも、qjuken★nucl.nagoya-u.ac.jp(電子メール送信の際は、★を@に変更下さい)にご連絡いただければ、個別に対応いたします。

日時:
第1回 平成28年4月23日(土)13:00~
大学院工学研究科5号館2階 522講義室

第2回 平成28年5月7日(土)13:00~
大学院工学研究科5号館2階 522講義室

場所は本学ホームページの地図(下記のリンク)をご覧ください(地図中のC-2です)

http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html/

内容とタイムスケジュール:
13:00~ 分野長挨拶
13:05~ 入試方法、筆記試験免除制度、代替受験、第2志望、研究室配属の方法、日本学生支援機構奨学金の推薦

方法などについての説明
13:30~ 研究室訪問、施設見学。名古屋大学工学部物理工学科量子エネルギー工学コース出身者以外の方を対象に、研究室の研究内容説明、施設見学を行います。(希望者で事前連絡をした人のみ)
13:30~ 個別相談(見学と並行して希望があれば実施します)

不明な点などありましたら以下まで遠慮なくお問い合わせください。
山本 章夫(やまもと あきお)電話052-789-5121 e-mail:qjuken★nucl.nagoya-u.ac.jp(電子メール送信の際は、★を@に変更して下さい)

以上

入試方法

日程:
平成28年8月23日(火)~8月26日(金)

外国語(英語)は、TOEFLまたはTOEICのスコアシートの提出によります。このため、募集要項に記載された有効なスコアー・シートを予め用意しておく必要があります。

スコアの最終提出時期は、平成29年度入試(平成28年8月実施:平成29年4月入学予定者)より、願書受付期間とすることになりました。当該年度以降に大学院入学試験の受験を予定している方は、スコア発行日と本学の願書受付期間を十分に確認したうえで、早めにTOEFL またはTOEICの受験準備をしてください。

基礎部門の筆記試験では、数学2問、物理2問、化学1問を出題し、全問に解答していただきます。

専門部門の筆記試験では、工学基礎分野あるいは量子エネルギー工学分野に関する課題を4題出題し、そのうち、3題を選択して解答していただきます。

なお、予め希望すれば、機械理工学専攻機械系分野、電子情報システム専攻、化学・生物工学専攻応用化学分野、化学・生物工学専攻分子化学工学分野、マテリアル理工学専攻材料工学分野、マテリアル理工学専攻応用物理学分野のいずれかの筆記試験を受け、マテリアル理工学専攻量子エネルギー工学分野の筆記試験の受験者と同等の扱いを受けることができます(「代替受験」という)。
筆記試験は8月23日、24日に実施します。
第1志望先の面接(口頭試問)は8月25日に実施します。
8月26日は第2志望先の面接(口頭試問)を行います(該当者のみ)。

大学学部での成績がきわめて優秀であれば、筆記試験免除の申請や3年生で受験(飛び級)することが可能です。つまり、各分野で優れた基礎学力をもっていれば、活躍の機会が与えられます。意欲に満ちた人を歓迎します。

「平成29年度名古屋大学大学院工学研究科博士課程(前期課程)学生募集要項」は、4月下旬以降、工学部・工学研究科 教務課宛にご請求下さい。
入試説明会に参加していただいた方には、募集要項(願書付き)をお渡しいたします。

その他の不明な点は、事務室宛(052-789-3399)にお問い合わせ下さい。

出題範囲など

基礎部門、専門部門の出題範囲は以下の通りです。
基礎部門(試験時間3時間)
下記3科目から5問出題し、全問に解答する。
・数学(微分積分学、線形代数学、ベクトル解析、微分方程式)2問
・物理(質点系の力学、剛体の運動、波動と干渉、静電界と静磁界、電流と磁界、電磁誘導)2問
・化学(無機化学、物理化学、化学熱力学)1問

専門科目(3時間)
下記4領域から各1問、全4問出題し、3問選択解答する。

・量子力学、原子物理学、子核物理学
・物性物理学、材料物理学、材料化学、核燃料サイクル工学、原子炉化学
・熱力学、統計力学、熱流体工学
・放射線計測学、放射線保健物理学、放射線物理学、原子炉物理学、プラズマ物理学

英語
TOEFL iBT、TOEFL PBT、TOEICのいずれかのスコアシートの提出をもって、英語試験の受験に替えます。

出身大学名

近年の合格者出身大学・学部は下記の通りです(50音順)。
愛知教育大学(教育)
愛知工業大学(工)
茨城大学(工)
愛媛大学(理)
大阪府立大学(工)
岡山大学(理・工)
学習院大学(自然科学)
関西大学(工)
岐阜大学(工)
近畿大学(理工)
神戸商船大学(商船)
静岡大学(理・工)
成蹊大学(工)
大同工業大学(工)
電気通信大学(電気通信)
東京都立大学(理)
東京理科大学(理工)
同志社大学(工)
東北大学(工)
徳島大学(工)
名古屋大学(理・工)
名古屋工業大学(工)
日本大学(理工)
広島大学(理・工)
福井大学(工)
北海道大学(理)
三重大学(工)
名城大学(理工)
山口大学(理・工)
立命館大学(理工)

お問い合わせ窓口

お問い合わせは、以下にお願いします。
464-8603 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻量子エネルギー工学分野事務室
電話    052(789)3399
ファックス 052(789)3225
電子メール qjuken★nucl.nagoya-u.ac.jp(電子メール送信の際は、★を@に変更下さい)

募集要項のご請求は名古屋大学工学部・工学研究科 教務課(052-789-3978 住所は同上)宛にA4サイズが入る返信用封筒(300円切手貼付/返信先記入)同封にて郵送でご請求ください。