トップ
English

専攻・コース概要

–明日のエネルギーを創る量子エネルギー工学–

量子エネルギー工学分野は、約50年前に、原子力発電や放射線利用に関わる工学分野を発展させる研究を名古屋大学において進め、これらに関する基盤的で体系的な知識を会得した新しい時代を拓く勇気ある知識人を育成するために「原子核工学科」として発足しました。

その卒業生は、原子力発電や放射線利用の産業分野だけではなく、核融合科学、情報通信、医療、環境、材料、運輸・輸送、プラント設計・建設に係る教育や研究開発の幅広い分野において社会基盤を支える重要な人材となって活躍しています。

現在の量子エネルギー工学教室は、原子力発電や放射線利用等に関わる「原子力学」の新しい展開だけにとどまらず、広く「エネルギー科学」や「量子科学」に関わる工学分野を更に発展させる研究を名古屋大学において進めており、これらに関する基盤的で体系的な知識を会得して、今後の50年以上にわたって新しい時代を拓く勇気ある知識人を育成することを教育目標として標榜しており、そのために学部と大学院において系統的な教育カリキュラムを有しています。より詳細な説明は、それぞれの研究を実施している研究グループのホームページをご覧ください。

 

 

量子エネルギー工学教室年報